「人と動物の絆を大切に」 との気持ちで取り組んでいます

院長: 大山謙一      獣医師 (医学博士)

 (略歴)

東京農工大学農学部獣医学科(家畜外科学研究室)卒業

同大学大学院農学研究科獣医学専攻家畜病理学講座修了

東京都環境科学研究所(旧東京都公害研究所)研究員

東京都健康安全研究センター(旧東京都立衛生研究所)主任研究員
(大気汚染物質および環境中内分泌かく乱化学物質について、培養細胞や ラット・ マウス等の実験動物を用いた生体影響研究に従事)*

横浜市立大学にて博士(医学)の学位を取得**

東京都健康安全研究センター精度管理室副室長

         同センター生体影響研究科長

金重動物病院千葉分院・戸塚分院にて臨床研修

はぐみの杜大山動物病院院長



*国際誌発表論文
・ Certain styrene oligomers have proliferative activity on MCF-7 human breast tumor cells and binding affinity for human estrogen receptor alpha. Environ Health Perspect. Jul 2001; 109(7): 699-703.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1240373/pdf/ehp0109-000699.pdf
・Effects of Prenatal Exposure to Styrene Trimers on Genital Organs and Hormones in Male Rats. Exp Biol Med (Maywood) February 2007 vol. 232 no. 2 301-308.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=Effects+of+Prenatal+Exposure+
to+Styrene+Trimers+on+Genital+Organs+and+Hormones+in+Male+Rats

**学位論文 The roles of diesel exhaust paticle extracts and the promotive effects of NO2 and/or SO2 exposure on rat lung tumorigenesis.  (Cancer Letters, 139, 2, 189-197, 1999) http://www.cancerletters.info/article/S0304-3835(99)00040-3/abstract